自動車業界様向けデントリペアスクール 浜松/静岡 デントジャパンホームページ

オートガーデン浜松 デントリペア講座

ホーム ごあいさつ デントリペア講座 本気の短期 ツール販売 フロントガラスリペア ブログ最新情報はこちら QHMブログ
よくある質問 t-hotbox(ホットボックス) 会社概要 リンク集        
タイトル

デントリペアの歴史について

デントリペアがどのように生まれ、発展を遂げたのか理解していると、デントリペア技術を学ぶのがより楽しくなると思います。デントリペア教室で受講を始める前に、デントリペアの歴史に触れてみましょう。

デントリペアの始まり

塗装を施している車

デントリペアは、1940年代にドイツのメルセデスベンツの新車組み立て工場で用いられたことが始まりだと言われています。新車を製造する過程で生じてしまったわずかな凹みを直すために生み出されました。塗装にダメージを与えることなく、凹みを元通りにすることが出来るため、クルマを補修塗装する手間が省けます。わずかな凹みに対して理想的な修理方法として確立し、広がっていきました。

デントリペアの発展、普及

ドイツで発祥したデントリペアは、その後アメリカやカナダなどの北米に広まっていきました。1970年代後半には、アメリカ中西部のボディショップなどで採用されるようになりました。アメリカは、雹による被害で自動車の凹み修理需要が高かったこともあり、デントリペア技術が活躍しました。デントリペア技術や用いられるツールの認知度は一気に高まり、1980年代に飛躍的に発展しました。

北米は、デントリペア技術が進んでおり、その技術を利用する自動車ユーザーが多いことで有名です。北米では、クルマに凹みが出来たら「鈑金塗装に出す前に、デントリペアで対応してもらえるかどうか見てもらう」というのが、一般自動車ユーザーが取る行動として定着しているとも言われています。ツールメーカーの種類の豊富さ、品質の高さ、技術の普及具合などトータルで考えても、北米はデントリペアが最も進んでいる地域だと言えます。

日本におけるデントリペア

塗装を施している車

日本でのデントリペアの歴史は浅く、1990年前後にようやく技術が用いられるようになりました。デントリペア教室が増え、自動車関連のイベントでブースを構え、デモンストレーションが行われるようなこともあります。自動車販売や修理業界では一般化しつつありますが、雹被害が少ないこともあり、欧米と比較すると未だ浸透しているとは言えません。

将来のための準備としてスキルアップしたい、事業としてやっていきたいと考えている方はいらっしゃいませんか。デントリペア教室をお探しの方は、当スクールをご利用ください。デモンストレーションを通してどのような講習なのか知りたい方のための無料体験に加え、「体験ではどのようなものか分からない」とお考えの方におすすめの短期実践コースをご用意しております。料金や受講内容に関するご相談も受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

店名: デントリペアスクール講習なら | オートガーデン浜松有限会社
住所: 〒430-0802 静岡県浜松市東区将濫町35-2
フリーダイヤル 0120-60-3229
電話: 053-469-0551
FAX: 053-469-0552
URL: http://www.ag-h.jp/
業種: デントリペアスクールの相談・講習・無料体験
所在地/国: 日本
所在地/県: 静岡県
所在地/市: 浜松市
所在地/町: 東区将濫町
説明: オートガーデン浜松有限会社は静岡県浜松市にあるデントリペアテクニカルスクールです。実習はすべて実車で行っており、実践的な学習をしていただけますので短期でデントリペアの基礎を身に着けていただくことが出来ます。また、受講者様は最大2名様までとなっておりまして、ほぼマンツーマンの状態で講習を受けていただけることもオートガーデン浜松の魅力の一つです。無料体験も行っておりますのでまずはお気軽にご相談ください。
デントリペアスクールをお探しなら | デントリペアと鈑金塗装の違い | デントリペア技術者の魅力 | 自動車被害でも活躍 | デントリペアの大きな特徴 | 愛車のデントリペアなら | デントリペアの歴史について | 鈑金塗装かデントリペアで迷うケース | デントリペアの専用ツールと特殊手法 | デントリペアをおすすめする理由

オートガーデン浜松
e-mail auto_g_hamamatsu@yahoo.co.jp                       不在時は 090-2611-0551 (坪井)